サラウンドパラメーター

サラウンド音声の音場効果をお好みにあわせて調節できます。

調節できる項目(パラメーター)は、再生している信号や選択しているサウンドモードによって異なります。

設定項目の中には再生停止中に設定できないものがあります。設定は再生中におこなってください。

“サラウンドパラメーター”の設定は、サウンドモードごとに記憶します。

シネマEQ

映画のせりふの高域成分をやわらげ、聞きやすくします。

オン:

“シネマEQ”を使用します。

オフ
(お買い上げ時の設定):

“シネマEQ”を使用しません。

サウンドモードが“Direct”、“Pure Direct”、“Stereo”および“オリジナルサウンドモード”の場合は設定できません。

ラウドネスマネージメント

“ダイナミックレンジ圧縮”で設定した内容で出力するか、ディスクに記録されている音声のダイナミックレンジを圧縮せずにそのまま出力するかを設定します。

オン
(お買い上げ時の設定):

“ダイナミックレンジ圧縮”の設定およびダイアログノーマライゼーションを有効にした内容で出力します。

オフ:

“ダイナミックレンジ圧縮”の設定およびダイアログノーマライゼーションが無効になり、ディスクに記録されている信号をそのまま出力します。

“ラウドネスマネージメント”は、Dolby Digital、Dolby Digital Plus、Dolby TrueHDまたはDolby Atmos信号を入力しているときに設定できます。

ダイナミックレンジ圧縮

ダイナミックレンジ(静かな音と大きな音のレベル差)を圧縮します。

オート:

再生するソースによってダイナミックレンジの圧縮を自動でオン/オフします。

弱 / 中 / 強:

ダイナミックレンジの圧縮量を設定します。

オフ:

ダイナミックレンジを圧縮しません。

“ダイナミックレンジ圧縮”は、Dolby Digital、Dolby Digital Plus、Dolby TrueHD、Dolby AtmosまたはDTS信号を入力しているときに設定できます。

お買い上げ時の設定は“オフ”です。入力信号がDolby TrueHDおよびDolby Atmosソースの場合、お買い上げ時の設定は“オート”になります。

DTS信号を入力しているときは、“オート”に設定できません。

ダイアログコントロール

映画のせりふや音楽のボーカルの音量を調節し、聴きやすくします。

0~6(お買い上げ時の設定:0)

ダイアログコントロール機能に対応したDTS:X信号を入力しているときに設定できます。

LFE

低域信号(LFE)レベルを調節します。

-10 dB~0 dB(お買い上げ時の設定:0 dB)

入力信号にLFE信号が含まれている場合に設定できます。

Dolby Digital、DTSまたはDVDオーディオ信号を再生しているときに設定できます。

各ソースを正しく再生するために、次の値に設定することをおすすめします。

Dolby Digitalソース:0 dB

DTSの映画ソース:0 dB

DTSの音楽ソース:-10 dB

スピーカーバーチャライザー

スピーカーバーチャライザー機能は、サラウンドスピーカーおよびハイトスピーカーを使用していない場合でも、仮想的に臨場感のあるサラウンド効果を実現します。

オン
(お買い上げ時の設定):

“スピーカーバーチャライザー”機能を有効にします。

オフ:

“スピーカーバーチャライザー”機能を無効にします。

サウンドモードが“Dolby Atmos”、“Dolby Surround”またはサウンドモード名に“+Dolby Surround”が含まれているサウンドモードのときに設定できます。

ハイトスピーカー、天井スピーカーおよびDolby Atmos Enabledスピーカーを使用していないとき、またはサラウンドスピーカーを使用していないときに使用できます。

メニューの“スピーカー構成” - “サラウンドバック”を“1台”に設定しているときに、“スピーカーバーチャライザー”を“オン”に設定すると、サラウンドバックスピーカーから音声は出力されません。

DTS Neural:X

DTS Neural:Xは、DTS:X信号に含まれるチャンネルベース信号を抽出し、ご使用のスピーカーの設置環境に合わせて最適なサラウンド効果を与えます。

オン
(お買い上げ時の設定):

“DTS Neural:X”を使用します。

オフ:

“DTS Neural:X”を使用しません。

サウンドモードが“DTS:X”または“DTS:X MSTR”のときに設定できます。

サブウーハー

サブウーハー出力のオン/オフを設定します。

オン
(お買い上げ時の設定):

サブウーハーを使用します。

オフ:

サブウーハーを使用しません。

サウンドモードが“Direct”または“Stereo”で、メニューの“サブウーハーモード”の設定が“LFE+メイン”のときに設定できます。こちら

初期化

“サラウンドパラメーター”で設定した内容がお買い上げ時の設定に戻ります。

back to top