スピーカーを接続する前に

ご注意

スピーカーを接続する前に、本機の電源プラグをコンセントから抜いてください。また、サブウーハーの電源を切ってください。

スピーカーケーブルの芯線が、スピーカー端子からはみ出さないように接続してください。芯線がリアパネルやねじに接触したり、+側と-側が接触したりすると、保護回路が動作します。(保護回路こちら

通電中は、絶対にスピーカー端子に触れないでください。感電する場合があります。ただし、“セットアップアシスタント”(別冊の“かんたんスタートガイド”の9ページ)メニューを操作中は“セットアップアシスタント”メニューの指示に従って接続してください。(“セットアップアシスタント”メニューを操作中、スピーカー端子は通電しません。)

スピーカーはインピーダンスが4~16Ωのものを使用してください。

ご注意

インピーダンスが4~6Ωのスピーカーをご使用になる場合は、次の設定をおこなってください。

本機の電源が入っているときに本体のZONE2 SOURCEとSTATUSを同時に3 秒以上長押しする。

ディスプレイに“V.Format:< NTSC>”を表示します。

本体のDIMMERを3回押す。

ディスプレイに“Sp.Imp.:<8ohms>”を表示します。

本体のZONE2 SOURCEまたはINTERNET RADIOを押して、インピーダンスを選ぶ。

8ohms
(お買い上げ時の設定):

接続されたすべてのスピーカーのインピーダンスが8Ω以上のときに選択します。

6ohms:

接続されたスピーカーのインピーダンスが6Ωのときに選択します。

4ohms:

接続されたスピーカーのインピーダンスが4Ωのときに選択します。

本体のSTATUSを押して、設定を終了する。

スピーカーケーブルを接続する

本機と接続するスピーカーの左チャンネル(L)、右チャンネル(R)、+(赤)、-(黒)をよく確認して、同じ極性を接続してください。

スピーカーケーブル先端の被覆を10mm程度はがし、芯線をしっかりよじるか、端末処理をおこなう。
Connection-spCable1
スピーカー端子を左に回してゆるめる。
Connection-spCable2 NR1605U
スピーカーケーブルの芯線をスピーカー端子の根元に差し込む。
Connection-spCable3 NR1605U
スピーカー端子を右に回して締める。
Connection-spCable4 NR1605U

サブウーハーを接続する

サブウーハーケーブルを使用して、サブウーハーと接続します。本機にはサブウーハーを2台接続できます。

それぞれのサブウーハー端子からは、同じ信号を出力します。

Conne SW2 N71U

チャンネル識別のためのケーブルラベル(付属)について

本機のスピーカー端子は、識別できるように色分けしています。

各スピーカーに合ったケーブルラベルをスピーカーケーブルに貼ってください。リアパネルのスピーカー端子に接続する際、簡単に接続できます。

スピーカー

カラー

FRONT L

白色

FRONT R

CENTER

SURROUND L

水色

SURROUND R

SURROUND BACK L

ベージュ

SURROUND BACK R

茶色

FRONT HEIGHT L

ベージュ

FRONT HEIGHT R

茶色

ZONE2 L

ベージュ

ZONE2 R

茶色

TOP FRONT L

ベージュ

TOP FRONT R

茶色

TOP MIDDLE L

ベージュ

TOP MIDDLE R

茶色

FRONT DOLBY L

ベージュ

FRONT DOLBY R

茶色

SURROUND DOLBY L

ベージュ

SURROUND DOLBY R

茶色

SUBWOOFER 1

黒色

SUBWOOFER 2

黒色

付属のケーブルラベルもパネルに合わせて色分けしています。

表を参照して、各スピーカーケーブルに貼り付けてください。

ラベルと同じ色のスピーカー端子にケーブルを接続することでスピーカーの接続が容易になります。

Bracket Open ケーブルラベルの貼りかた Bracket Close

Pict SP CableLabel N71

back to top